コンサートは吊り橋効果?

 

私の持論

コンサートは吊り橋効果である。

 

 

大学の授業で「吊り橋効果」が出てきた時、ふと日常の中でもこういう事がないかと考えた結果思いつきました(当方、大学で心理学を専攻しております)。

 

そもそも吊り橋効果とは、

カナダの心理学者、ダットンとアロンによって1974年に発表された「生理・認知説の吊り橋実験」によって実証されたとする学説。「恋の吊り橋理論」とも呼ばれる。
生理・認知説は人は生理的に興奮している事で、自分が恋愛しているという事を認識するというもの。実験のみで厳密に立証されているわけではないがおおむね正しいとされている。
実験は、18歳から35歳までの独身男性を集め、渓谷に架かる揺れる吊り橋と揺れない橋の2か所で行われた。男性にはそれぞれ橋を渡ってもらい、橋の中央で同じ若い女性が突然アンケートを求め話しかけた。その際「結果などに関心があるなら後日電話を下さい」と電話番号を教えるという事を行った。結果、吊り橋の方の男性からはほとんど電話があったのに対し揺れない橋の方からはわずか一割くらいであったというものである。揺れる橋での緊張感を共有したことが恋愛感情に発展する場合があるという事になる。

とまぁこういうもの(Wikipediaより引用)。

 

簡単に言うと、単なる心拍数の上昇を恋愛のドキドキと勘違いするってことです。人間って単純。

 

 

さて、これがコンサートとどう関係あるか。

理由付けしながら説明していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

①会場までの距離

みなさんは会場へはどうやって行きますか?

電車?バス?車?

大抵の場合、近くまで何かしらの交通手段を使って行って、最終的には「歩く」と思います。

駅から直結ですとかいう会場は少ないので、大抵はこうだと思うのですがいかがでしょうか?

まぁとにかく歩きますよね、歩くってことにしときます。

 

歩くと当然ながら心拍数が上がります。

その状態でグッズなり何かしらの自担の顔を見ると「え、やっぱり私、◯◯くんのこと好きだわ〜」とかなるんですよ。なるはずなんですよ。気づいてなくてもなってるはず。少しなりとも自担が好きって気持ちがあれば(無理やり)。

 

別に自担が目の前に現れたわけでもないし、何か雑誌の発言を読んだわけでもないのに◯◯くん好きだわ〜ってなるの、普通はおかしいですよね。見ただけで。

まぁ1番好きなのが顔って言うならそうなってもおかしくはないと思うんですけど、大抵は静止画の自担好きとはならないと思うんです。かっこいい〜とはなるかもしれませんけど(あくまで主観ですが)。

 

そうなるとこの吊り橋効果が作用してるのではないかと私は思うのです。

「歩く」という運動により心拍数が上がったのを自担へのドキドキと勘違いする。立派な吊り橋効果です。

 

これだけじゃ理由付けが弱すぎるし、これ以上深めようがないのでさっさと次に行きますね(雑)。

 

 

②コンサートへの期待、緊張

コンサートが始まる前、始まってからも「次はどんな曲だろう」とか「次はどこから出てくるんだろう」とか期待なり緊張なりしますよね。要は興奮状態にあるってことになります。

アドレナリン出てるわ〜〜って状態で、交感神経が優位になっているんですよ。

交感神経が優位になると心拍数が上がります。その状態で自担が目の前に現れたらどうでしょう。「やっぱり◯◯くん好きだわ〜〜」ってなりませんか?

 

いやそもそも自担が好きだからコンサート行ってんだよっていうツッコミは置いといてですね、その「好き」を助長しているのはライブへの高揚感、緊張感だと思うんです。

それにより交感神経優位になって心拍数が上がったのを自担へのドキドキと勘違いする。これまた立派な吊り橋効果です。

 

 

③コンサートでの音響

コンサート中の音響って爆音じゃないですか。

スピーカー近いと耳がおかしくなるくらいの。

 

人間は耳で音を感じ取っているというのは言うまでもないですが、音の知覚は耳だけでなく身体全体で感じ取っているらしいです。そして周波数が低い(低い音)ほど身体で感じ取っている比率が高くなるそう。

例えば、大太鼓の音がお腹に響くのは、低音域音響エネルギーが人間の身体を振動させているかららしい。

これらは意識的にわかるものや、無意識的に感じ取っているものまで多くのものがあるそうな。

総じてこの振動感(意識的、無意識的問わず)を「体感音響振動」と言うんですって!

この「体感音響振動」は耳から聞いている音よりも人間の情緒的、本能的な面に作用するらしいのです。

 

……とここまで吊り橋効果と関係ないじゃないかという話をしてきましたが、関係あるんですよ。

 

それでですね、人間って外部からの規則正しい振動を心音と勘違いすることがあるらしいんです。ってか多分するんです。

 

コンサートでの爆音の重低音。体感音響振動を感じ取ると心音と勘違いするのではないかと思うのです。テンポが速いとなおさらに。

 

それによって(擬似)心拍数が上がったのを自担へのドキドキと勘違いする。立派な吊り橋効果ですよね。擬似の心拍数ですけど(笑)

 

 

④ コンサート中の動き

コンサート中、皆さんはどんな風にしていますか?

私は団扇とペンライト、双眼鏡(首から下げてる)装備で基本はペンライト振りながら見ています。ペンライト振ると同時に膝でリズム取ってることも多いかもしれません。さすがに双眼鏡覗いているときは静止しますが。

大体皆さんそうだと思うのですがどうでしょうか?横浜アリーナのアリーナ席、いつも細かく揺れてるのでそうだと思います私は(決めつけ)。

 

動くと当然ながら心拍数が上がります。その状態で自担を見るんですからまぁ「自担好き」のドキドキと勘違いする。何度も言ってきましたがこれまた立派な吊り橋効果ですよね。

 

 

以上①〜④が相まって自担への「好き」って気持ちが助長されると思っています。

よってコンサート前、コンサート中は出来るだけ動いて期待度を持つことが自担への気持ちを継続させるには大事なのではないかと思うのです!!

 

だってたまに「あぁ私担降りするかもなぁ」とか「私オタ卒するかもなぁ」って思うときあるじゃないですか。ない人もいると思いますが私はあったんです。

そんな人には乗り気じゃなくてもチケット取ってコンサートに行くことをオススメします。自担が嫌いになったとかいう理由がない限り、多分担降りとかオタ卒とかしようという気はなくなるはず。きっとね。

 

 

あと補足論(これまた持論なんですが)として、

コンサートの単純接触効果

についても少し触れておこうと思います。

 

単純接触効果とは

繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果。1968年、アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが論文 Zajonc (1968) にまとめ、知られるようになった。

というものです(これまたWikipediaより引用)。

CMや広告の効果もこれにあたります。

 

「コンサートの単純接触効果」とは言ったもののコンサートに限ったことではないんですけど、とりあえずコンサートにフォーカスを当てて説明しますね。

 

 

Jr.は沼って言うと思うんですけど(言いませんかね?)その所以って公演数の多さだと思うんです。

サマステだとかジャニワだとか1日2公演とかを毎日1ヶ月ないし2ヶ月やるじゃないですか。

チケットの倍率やお財布事情で人それぞれ変わってくるとは思いますが、これほど長いこと公演があると複数公演入る人も少なくないのではないでしょうか?

短いスパンで何回もコンサートないし舞台へ行くと単純接触効果によって「自担好き」って気持ちが増すと思っていて。

 

それじゃあ1回しか行かない人は行かない人はそうならないじゃないかって思うかもしれませんが、単純接触効果はコンサートに限ったことではないんです(さっきも言いましたが)。

 

1ヶ月に2回放送のある少クラや1ヶ月に一度発売される雑誌、その他TV番組やラジオなどなど自担に直接ではなくとも接する機会が媒体は違えど多くあるのも単純接触効果だと思います。

だからジャニーズはSNS禁止ですが、アイドルとかアーティストがTwitterやインスタをやったり課金しないで見れるブログをやったりするのって理にかなっていると思うんですよ。

「好き」を継続しやすい状況、多くの人に知ってもらえる状況を作っていると思います。

 

そう考えるとジャニーズってちょっと不利な気がします。少クラもBSが入らないところだったら見られないし(私がそうなんですけど)ジャニWebの連載だって課金コンテンツじゃないですか。ジャニーズに興味がないと足を踏み入れないところですよね。

 

ちょっと興味があっても軽率に足を踏み入れるってことができないのがなんとも残念。軽率に足を踏み入れてハマるってこと、少なからずあるはずなのに!!私はありました!!

 

とまぁちょっと横道に逸れましたが単純接触効果ってあると思いません?

 

 

 

ということで私の持論をこじつけに近い形で偉そうに展開してきましたが、諸説ありますしあくまで私が思うことですので実証はされていません。

ここまで書くのに色々調べたり論文ちょっとかじったりしましたけれども所詮実証されていないことなので、しがないオタクの一意見としてさらっと(読むには結構なボリュームだったと思いますが)流していただければと思います(笑)そのあたりはあしからず。

 

ぜひこの持論を実証したいものですが、実験条件とか実験器具とか揃えるの大変そうだから誰かお願いします(他力本願)

 

大変読みづらい、長い文章だったかと思いますが(4000字超えました…)、ここまでお付き合いいただきありがとうございました!!