読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015 新春Johnny’s World



昨日、ジャニーズワールドがついに千秋楽を迎えました。全38公演、本当にお疲れ様でした。

私は1月4日の夜、1月21日の夜と2回入ることができました。

去年と一昨年に続き3回目だったジャニーズワールドですが、私は過去2年間は行くことができず(去年にいたっては受験のため)、初めての舞台だったわけなんですけれども

まず思ったのは、ジャニーズの舞台はこういうものなのか、と。

演技、歌、ダンスはもちろんのこと、フライング、殺陣、パーカッション、アクロバット

色んな要素が詰まっていて、どれも息をつかせぬ展開でした。

まぁストーリーはよくわからなかったのだけれど←




全体を通して神宮寺くんが出てるところは神宮寺くんしか見てなかったから、ほとんどにおいて神宮寺くんのことしか書けないけれど、

個人的な感想としては神宮寺くんは舞台をとっても楽しんでたように思う。

「どんなことでも楽しみたい」っていうスタンスの神宮寺くん。

それを感じ取ることができるくらい楽しんでたよ。




オープニングのキラキラの笑顔から始まり、かっこいい表情だったり凛々しい表情だったり優しい表情だったり。

時には真剣だったり切ない表情もしたり、色んな表情を見せてくれた。

神宮寺くんてこんなに色んな表情を持ってたんだってことが知れてよかったなって思います。

普段コンサートとかTVで見る少クラとかでは笑顔か真顔のイメージが強かったから。

笑顔のイメージが強いのは、人間の記憶に残りやすい表情だからっていうのもあると思うけれど。


このジャニーズワールドを見て、神宮寺くんの弱みに気づいちゃったのも事実。

自分でも言っていたけれど、ダンスはまだまだ。

舞台ではどうしてもダンスが多いし、ダンスで魅せないといけない部分が大きいけれど、それが弱みだからイマイチ魅せることができないんだよね。

まぁ向き不向きはあるけれどジャニーズJr.である以上、できないっていうのは大きな痛手だと思う。

まぁダンスができるっていうのと魅せれるっていうのは別かもしれないけれど。


神宮寺くんは舞台映えしないなって思っちゃった。

頑張ってるのは十分伝わってくるけれど。

私は神宮寺くんは頑張ってるし本人が自覚してるんだからそれでいいじゃんって思うけど、厳しい意見を持っている人もいるわけで。

そういうのを見るとちょっと悲しくなっちゃう。

まだ成長途中だし、このジャニーズワールドで吸収できたこともきっと多いはず。

それを生かして自分だけの強みを見つけていってほしいと思います。そしてどのステージに立っても惹きつけられる人になってほしい。

きっとなれると信じてます。



ちょっと話はずれてしまったけれど、元旦から本当にお疲れ様でした。

幸せな時間をありがとう。


次は2月のガムシャラかな?セクゾの春のコンサートかな?

またすぐに忙しくなるだろうから、今はゆっくり羽を伸ばしてください。


また成長した神宮寺勇太が見れますように。